オゾンの基礎知識

酸素原子が2個ついたものが酸素(O2)、3個ついたものがオゾン(O3)です。しかしオゾンの分子は安定していないため、3つめの酸素原子がすぐに離れようとします。悪臭などの何かほかのものに触れると、この3つ目の酸素原子はニオイ物質と融合します。
これが、「酸化」です。
この酸化力は、塩素の約6倍。強力な脱臭、殺菌効果があります。(フッ素に次ぐ強力な酸化力です。)
そのため、オゾンは多くの分野で、脱臭、殺菌、漂白、洗浄等に活用されています。

 

know_1.jpg

 

memo_head.gif 

memo_01.gif

オゾンは自然界にも0.01〜0.05ppm程度は存在しています。これは太陽の紫外線などにより生成されるためで、森林や浜辺では濃度が高くなる場合があります

memo_02.gif

使用後のオゾンは自己分解して酸素になるので、
二次公害の心配はありません。
日本では近年、都市部の水道局での高度浄水処理にも活用されるようになっています。

memo_03.gif

高濃度オゾンは殺菌力が高く、残留しないので、
日本では食品添加物として認可されています。

memo_04.gif

オゾンは物質の酸化させる力が強く、
殺菌効果が変わらず、耐性菌もできません。

オゾン脱臭・除菌機について

o0.png

ボヤや水漏れなどの罹災時の他、多くの人が集まる場所や会議室、カラオケボックス、ホテルなどの脱臭・除菌に適しています。

o1.pngo2.pngo3.pngo4.png

o01.png

o6.pngオゾン脱臭・除菌機は大容量のオゾンの発生から、ブロア送風、残ったオゾンの回収・分解まで、すべて自動で行います。

 

05.png

高い効果を実現する4つのポイント!

p5.pngp1.png

 

オゾンの酸化力は有機物に高い効果を発揮。
しかも部屋のわずかな隙間まで入り込んで
しっかり脱臭・除菌します。

 

p2.png

気体であるオゾンの特性を使うので、
特別な薬剤は使用しません。
また、悪臭を分解した後は酸素に戻るため、残留毒性もありません。

 

p3.png

オゾンは物質を酸化させる力が強く、殺菌効果が変らず、耐性菌もできません。

 pf.png

p4.png

 常温・常湿の環境下で大規模スペースでも作業ができます。

サービスの流れ

オゾン1.png

 

※オゾン濃度や吸引期間によっては、咳やめまい、呼吸困難、神経障害など健康被害を
引き起こす場合があるためダスキンでは、オゾン発生機の取扱い、
安全対策について十分な知識・技術をもったスタッフが作業にあたります。
オゾン流れ2.png

オゾン2.png 

標準価格

室内容積/時間(分) 標準料金(税込)
軽度の臭い 中程度の臭い 強い臭い
(小) 30m³未満 3,086円〜 9,257円〜 37,028円〜
(中) 30m³〜60m³未満 6,172円〜 24,686円〜 66,652円〜
(大) 60m³〜120m³未満 12,343円〜 37,028円〜 153,052円〜
(特大) 120m³〜500m³未満 58,012円〜 108,617円〜 212,297円〜

 

オゾン3.png※ニオイの測定(評価)方法のひとつで、人間の嗅覚を用いて臭気の強さを数値化する方法です。現在日本では一般的に使われている手法で、悪臭防止法においては臭気強度2,5〜3,5に対する各物質の濃度および臭気指数の範囲内で基準が決められています

オゾン4.png

 

  • ※ニオイの強さ、エリアの広さ、オゾン脱臭・除菌機の運転時間、ニオイを取り除く清掃作業の実施よって別途料金が必要になる場合があります。
  • ※臭気拡散エリア、素材への臭気吸収度、室内環境状態により、完全にニオイを取り除くことができない場合があります。
  • ※料金は消費税込みの総額表示となっております。
  • ※サービスのため有料駐車場を利用した場合、実費負担をお願いする場合があります。
  • ※サービスは、1回あたり10,800円以上で承ります。


    ご相談・見積り.jpg 
  • ▲このページのトップに戻る